スポンサードリンク

男性の声と女性の声

第2次性徴のところでも少し記してありますが、男性の声は低くて太い。女性の声は 高くて細い。これが一般的な男女の声の特徴ですが、近年はこの特徴も少しゆらいで きています。男性の声も段々と高くなる傾向があり、女性の声が段々と低くなって いるということです。これは性ホルモンのせいなのか人間の進化により性別による 格差がなくなりつつあるのか定かではありませんが、昔SF雑誌などの挿絵に書いてあった 進化した宇宙人は男女の体の差異があまりないように描かれていました。 このことから推測するとこのような現象も人類の進化の証かもしれません。

人の声、似ている人もいますが、顔と一緒ですべての人が違う声をしています。 男性の声と女性の声のキーが最近はあまり変らない人が増えてきたということ ですが、同じキーでも女性の声と男性の声は違いがはっきりとわかる場合があります。 男性でもプロの歌手では女性と同じキーで歌える人がいますが、同じキーでも 男性の声のほうが太いので判別が付きます。

人間の声の魅力

人間の声の魅力というのはなかなか人をひきつけるものがあります。外国人の男性俳優の声など聴いているだけで 魅力的な声もあります。女性の声は日本人の女性のほうが女性らしい気もしますが、 これも好みの問題だと思います。 以前テレビのある番組で検証していましたが、シンガーソングライターの 松任谷由美さんの声は独特の揺らぎ成分を各所に含んでいて彼女の作る詩やメロディーを 表現するのにもっとも適した情緒をかもし出す声らしいです。ですから彼女のオリジナル作品は 彼女以外の人がカバーしてもオリジナルと別な良さを生み出すことはできるかもしれませんが 彼女独特のユーミン世界は真似ができないのかもしれませんね。

もっともこれは音楽の世界では自作自演のミュージュシャンはどれもそういうことが言えそうです。 ビートルズの音楽を他の人がカバーしても、彼らのオリジナル演奏と歌の魅力を充分表現 することができないのと同じかもしれません。まあ、ビートルズは別格という感じもします。

声と性ホルモン

声も性ホルモンの影響で女声、男声と特徴づけられます。 ヨーロッパでは昔、声変りしない男声の高い声を作るために 声変わりする前の男子を去勢(睾丸をとってしまうこと)してしまうということをしていた ことがあります。こうして作られた女声のような高い声の歌手をカストラートといいますが、 人道的に云々と言う話は別にして、そうすると男声も声変わりがしないで いつまでも少年の声帯のまま、高い声のままだそうです。しかも肺活量は男性並なので 女声よりも力強い声が出るため、珍重されました。 睾丸がないわけですから男性ホルモンの生成ができないので声変わりもしないのですね。 このカストラートが珍重されたのは、声域が広く 高いけれども女性の声とは違う、芯のある声が自然に出るためだと言われています。

男性と女性の頭髪と体毛

Contents

スポンサードリンク

Copyright © 2008 男と女の体の違い All rights reserved.