肋骨

女性の肋骨下部から骨盤までの距離

女性の美しいウェストのくびれから豊かなヒップラインを作る要因に肋骨と 骨盤の大きさの比率も関係してきます。女性ではだいたい骨盤の一番広がっている部分よりも肋骨の下部のほうが小さくできています。ゆえにウェストのくびれと豊かなヒップとなるのですね。骨盤の形の違いから女性は男性よりも肋骨の下部から骨盤までの距離が長いので一見すると胴長に見えますが、ウェストの一番細い部分が男性よりも上の方にあるので、洋服を着た場合は男性よりも脚長に見えます。

服飾関係の仕事をしている人が、「男性と女性では腰の位置が違う」とよく言いますが、このことを言っているのですね。女性のほうが男性よりも腰の位置が高いということです。また肋骨も男性と比べて小さく華奢なので、上半身が全体のバランスからすると小さく見えるのも脚長に見える要因とも思えます。

肋骨もホルモンの影響を受ける?!

肋骨もホルモンの影響を受けるということを、実際に体験した人から聞いたことがあります。管理人は以前ちょっとしたきっかけで、ある性同一性障害の男性とメールのやりとりをしていたことがあります。その男性は某有名大学の医学部でカウンセリングを受けながら女性になるためにいろいろな治療(というのかどうかわかりませんが)をしていました。

私とメールのやり取りを始めた頃はまだ女性ホルモンの投与を少しずつ始めたばかりで、若干おっぱいが膨らんできたなんて喜んでいた時期でした。その頃の写真も見せてもらいましたが、どう見ても女の子です。そのときでも男性には見えませんでした。彼女(と言ったほうがしっくりきます)は当時20代中頃の年齢。なるべく女性化に近づくためには10台の頃からいろいろやったほうが良いようなのですが、なかなかカミングアウトできなかったり、カミングアウトしても家族の反対や、自分でも踏ん切りがつかなくて年齢を重ねてしまうようです。

その子がある日、睾丸の摘出手術をすると言ってきました。睾丸があると男性ホルモンの生成がおこなわれてしまうので、女性ホルモンの投与だけでは女性化の効果がうすれるようなのです。無事手術が終わって退院してまた普通の生活に戻った頃貰ったメールに、身体がドンドン女性化して嬉しいと言ってきました。そこに書いてあったこと。なんと肋骨が小さくなってきたと言うのです。ちょうど肋骨の下部の部分がウェストニッパーで締めたように細くなってきたというのです。ウェストのくびれが出てきたから見て!なんて下着姿の写真も見せてくれました。本当にウェストが細く締まってますます 可愛らしい女の子に見えます。ホルモンの量というのはほんの微量しか出ないらしいですが、肉体に与える影響というのはものすごく大きいものなのだなと改めて驚いたものです。

女性と男性の骨盤の違い

Contents

Copyright © 2008 男と女の体の違い All rights reserved.