スポンサードリンク

頭蓋骨


男女の骨格の違いは、全体に男性は骨が太くしっかりとしています。女性は骨が細く華奢な骨格です。 ただこれも個人差はあって男性でも女性のような華奢な骨格の男性もいますし、女性でも 男性のようなりっぱな骨格の女性もいます。骨格を形成する骨のパーツの中でも顕著 に性差があるのが骨盤です。次に頭蓋骨です。

頭蓋骨ですが成人男性では、額の部分が、平で斜面になっていることが多く、眉毛のあたりの前頭部の 眉弓の骨がやや隆起し、後頭部も突出気味で頭蓋骨全体がゴツゴツした感じがします。 ところが、女性の頭蓋骨は、額の部分がもっと急傾斜で丸みを帯び、丸いオデコ形状を示します。 眉弓の隆起はなく、後頭部の骨の隆起もなだらかで、頭蓋骨全体が丸みを帯びてやさしい感じがします。 頭蓋骨そのものも大きさも男性に比べて女性のほうがひとまわり小さいです。 このここは顔の大きさとも関係してきます。

ただ最近は男女の性差があまり顕著ではなくなってきている傾向のようですがここにも 男女間の性差があまりなくなってきたという傾向が表れています。 また時代とともに食生活習慣なども変ってきて、最近の人は男女ともに50年くらい前の 日本人の頭蓋骨と比べると顎が細く小さくなってきています。これは昔の日本人は 硬い食べ物をよく食べていたので顎がよく発達したものと思われています。最近の若者は 子供の頃から比較的柔らかいもの、(たとえばハンバーグとかカレーなど)ばかり食べてきた 傾向があるので段々と顎の筋肉も弱くなり、筋肉が弱くなれば骨格も退化するのでこうなって きたのだと思われます。


女性の肋骨

Contents

Copyright © 2008 男と女の体の違い All rights reserved.