スポンサードリンク

女性の足と男性の足

足も男性の足、女性の足、大きさからして違います。女性の足のサイズはだいたい22.5cm〜 24.5cm 男性の足のサイズはだいたい24.5cm〜27pくらいが標準的なサイズだといわれています。 女性も最近は大きい足の女性が増えてきましたが、普通のスーパーやデパート、量販店の靴売り場に 置いてある靴のサイズは24.5cmが最大です。これ以上の大きさの靴は自分の足に合わせてオーダー メイドで作ってもらうか、大きいサイズばかり扱っている特別なお店で購入する他ないようです。

同じ身長の男女がいます。身長は仮に165pだとします。身長が同じでも男女では足の大きさは 違います。この身長だと女性のほうは小さいほうで23.5p、大きいほうで24.5cmくらいでしょう。 男性のほうはこの身長だと小さいほうで24.5cm大きいほうで26pくらいだと思います。

女性の足 また同じ足のサイズでも男女では形が違います。男性の24.5cmの足の持ち主が女性の24.5cmの靴を 履いても多分履けるとは思いますが、きつくて実用にはならないと思います。これは男性の足のほうが 甲が高く幅も広く肉厚にできているからです。靴屋さんというのはたいしたものでちゃんと女性の足と 男性の足の標準的な形をデータ化しています。当たり前といえば当たり前のことですが、下着なども そうです。話は足の話からそれますが、男性のブリーフにも女性が穿くようなビキニタイプのものが ありますが、これなども女性用と違うのは男性の大事な部分が小さな布にうまく収まるように マチをとってあります。型紙は多分どこの縫製メーカーでも標準的な型紙がデータとしてあると 思いますが、男女の肉体の違いををよく研究して作られていると思います。

纏足(てんそく)

中国では昔、纏足と言って思春期の前の女性にそれ以上足が大きくならないように、木でできた靴を 履かせ成長が止まった時に脱がせる、というなかなかすごいことをしていた時期があるようですが、 これなども女性の足は小さいほうが美しいという価値観が生んだ悪弊かもしれません。

男性の脳、女性の脳

Contents

スポンサードリンク

Copyright © 2008 男と女の体の違い All rights reserved.